教育実習について

教育実習は,麻布大学教育実習要領によって行いますが,事前に「教育実習指導」を受講することが必要です。詳しいことは「麻布大学教育実習実施要領」を熟読すること(※以下に転載しました)。

麻布大学教育実習実施要領
この教育実習実施要領は,麻布大学教職課程に関する規程第4条第4項に基づき,教育実習を履修するために必要な事項について定める。

1.教育実習の科目と受講コース
教育実習科目は,教育実習指導(教育実習の事前及び事後の指導:1単位),教育実習 I (2単位)及び教育実習 II (2単位)の科目がある。これらの科日のうち中学高校コース受講生は,教育実習指導,教育実習 I 及び教育実習 II を履修し,高校コース受講生は,教育実習指導及び教育実習 I を履修する。

2.教育実習の受講資格
教育実習 I :3年次又は4年次学生で,「教職に関する科目(教育実習を除く)」の全ての単位を修得し,教育実習指導(教育実習に係る事前の指導)を受講した者。
教育実習 II :4年次学生で,教育実習 I 及び教育実習指導の単位を修得した者,又は教育実習指導の単位及び「教職に関する科日(教育実習を除く)」の全ての単位を修得した者。

3.教育実習の期間と実施時期
(1)教育実習 I (2単位)及び教育実習 II (2単位)の実習期間はそれそれ原則2週間行なう。
(2)教育実習 I の実施時期は,原則として6月に行う。ただし,中学高校コースの場合の教育実習( I 及び II )については, 6.教育実習の実施(2)教育実習の方法別の中学高校コースを参照し,実習校と相談して決定する。(追記:教育実習の時期については,各学部・学科により実施年度・時期が指定されていますので,確認の上でそれに従ってください)。

4.教育実習校の決定
(1)教育実習を行う者は,実習を行う前年度の4月までに実習を希望する実習校の内諾を得ること。
(2)教育実習 I 又は教育実習 II の実施時期について実習校の内諾が得られた時,速やかにその旨を所属学部の教務課に届け出ること。
(3)実習校の内諾を得て,学長が実習校に対して教育実習依頼を行い,その受託が確認された時に決定する。

5.教育実習のための提出書類
大学へ提出するもの
・実習前に提出するもの:教育実習申請書(教育実習実施の前年)
・実習後に提出するもの:実習日誌(指定のもの)

6.教育実習の実施
(1)教育実習( I 及び II )を行なう者は,事前に教育実習指導(教育実習に係る事前の指導)を受講しなければならない。
(2)教育実習の方法は,中学高校コース及び高校コース別に,次のいずれかの方法で行なう(追記:各学部・学科の方針がある場合,それに従ってください)。
【中学高校コース】
1.教育実習 I 及び教育実習 II を4年次に4週間連続して行なう。
2.教育実習 I を3年次に2週間行ない,教育実習 II を4年次に2週間行なう。
3.教育実習 I を4年次に2週間行ない,その後,大学の夏休み又は冬休みに,教育実習 II を2週間行なう。ただし,実習校が休業期間中でないこと。
4.教育実習 I を4年次に2週間行ない,その後,教育実習 II を4年次の毎週特定曜日に11日間行なう。
5.教育実習 II と教育実習 II (一部)を4年次に3週間行ない,その後,実習校の夏休み又は冬休みの期間中の課外活動に,教育実習 II (一部)を行なう。
【高校コース】
1.教育実習 II を4年次に2週間連続して行なう。
(3) 教育実習 I 及び教育実習 II のそれぞれの実施時期が決定した時,速やかにその旨を所属学部の教務課に届け出ること。

7.教育実習を行う時の注意
(1)実習生は,実習校の教育実習心得を遵守すること。
(2)実習生は,実習校の教育方針をよく理解して,一人よがりの考え方や行動は厳に慎むこと。
(3)実習生は,実習校の教育現場に則し,大学における専門科日と教職課程で修得した知識・教育技術を基にして意欲的な実習に取り組むこと。
(4)教育実習は,学校教育のあらゆる面に関する実習であるから,授業の実習だけでなく,学校の全般的な事柄について理解を得るように努力すること。
(5)実習期間中に不測の事態が生じたときは,速やかに実習校の指導教員及び本学の所属学部の教務課に事由を連絡すること。
(6)実習生は,実習終了後,教育実習に関する評価(教育実習成績評価表)がなるべく早く本学宛に送付されるよう実習校に依頼すること。