教職課程の履修について

(1)履修登録
教職課程の登録手続きは,原則として1年次とし,4月中旬頃までに履修登録を行う(毎年,登録可能日が決まっています。平成17年度は4月21・22日のみ)。履修登録の申し込みは,所定の「教職課程履修願」と免許状の種類により下表の教職課程特別受講料を添えて,当該教務課に申し込むこと。ただし,専修免許状については,特別受講料は徴収しない。

教職課程特別受講料
  免許状の種類 受講料
学部 中学高校コース 30,000
高校コース 20,000
※ただし,教育実習については,別途実費を徴収することがある。

(2)履修科目
教職課程カリキュラムを参照のうえ,各学年で配当されている科目についてはその当該年度で修得すること。特に,各学科で開講されている授業科目のうち,教職課程履修に係わる選択科目の履修登録には注意をすること。

(3)単位互換科目の活用
首都圏西部大学単位互換協定による単位互換科目のなかに「教職に関する科目」に該当する他大学の授業科目の単位を修得すれば,本学の教職課程の授業科日の単位として認められる。ただし,「教職に関する科目」に充当できる単位互換科日の単位数の上限は,中学校31単位の3割以内(9単位),高等学校23単位の3割以内(7単位)となります。

(4)入学前の既修得単位の認定等
他の大学又は短期大学で入学前に履修した教職課程の授業科目の修得した単位は,本学の教職課程で定められた科目の単位に含めることができる。ただし,入学する前の大学が短期大学である場合は,「教科に関する科目」については10単位,「教職に関する科目」の「基礎理論に関する科目」及び「教職課程及び指導法に関する科目」についてはそれぞれ4単位まで充当することができる。ただし,入学前に単位を修得した大学又は短期大学が教職課程の認定を受けていることが条件です。