教職課程

教育職員免許法によって定められている免許状授与の所要資格を得させるため,本学には教職課程が設置されています。本学の教職課程に関する事項は,「麻布大学教職課程に関する規程」において定められています。
教育職員免許制度は,教育職員の資質の保持と向上を図ることを目的として設けられたものです。教職課程を履修しようとする者は,教員の責任の重さと重要性を自覚し,自己の教員適応性を充分認識した上で必要な科目の修得に努めなければなりません。


以下では,教職課程に関してさらに詳しい情報を提供しています。

教員の養成の目標
本学の教職課程は,建学の精神『学理の討究と誠実なる実践』を踏まえて,以下の目標を設定する。
教科「理科」「農業」に関する内容についての基礎的理解に加えて,獣医学,動物応用科学,生命・環境科学に関する高度な専門的理解,並びに,〈地球共生系〉(人・動物・環境の共生)の精神を有する,中学・高等学校理科及び高等学校農業の教員養成を目指す。

教員の養成の目標を達成するための計画に関すること
〈地球共生系〉精神をもった理科・農業教員を育成するため,教職課程の授業内容〈地球共生系〉理念を積極的に反映していく。
教員採用試験の受験者を支援する取組を強化し、合格者の増加に努める。

教員の養成に係る教育の質の向上に係る取組に関すること
麻布大学附属高等学校との連携を強化し、学校現場の実態に即した授業づくりのできる教員を養成していく。
高大連携の枠組みを活用し、学生による教育ボランティア(附属校・連携校における学習指導や部活動の支援等)の実現を図る。

教職課程についてもっとよく知るために
□ 教職課程とは?
□ 教職課程で取得できる免許状の種類について
□ 免許状取得のために必要な基礎資格と最低履修単位数について
□ 教職課程の授業科目について
□ 教職課程の履修について
□ 教育実習について
□ 介護等体験について
※履修登録年度によって履修すべき科目が異なる場合がありますので,特に指示がない限りは履修登録年度のシラバスに従ってください。


※各ページは,大学・学部のページとは別に,教職課程独自に作成しております。お問い合わせは担当・福井までお願いします。